2009年08月12日

ディメンションゼロ‐特殊レギュレーション1

大会で聞かれたルールの質問を更新しようかと思っていたらメモ帳の中身がなくなっていました。みなさんこんにちはツイスラです。


ベストユーザーサイトも更新され、なんとか2P目に生息していたのでこれからもちょこちょこ更新されると思います。


さて今日更新する記事はタイトルにも書いているようにディメンションゼロにおける特殊レギュレーションの考案です。

「特殊レギュで遊ぼうぜ!」

とか

「非公認大会でみんなの頭を唸らせちゃうぞwww」

とか思う人にオススメ。

と言っても変則ルールでやるイベントの場合、ユーザーのモチベーションに大きく影響を受けるので基本的には他のイベントとの同日開催を推奨

例:ジャッジファイナル+特殊レギュ大会


□無人戦争
形式:アルティメット形式
特殊レギュレーション:種別ユニットのカードはデッキに入れることができません。
禁止カード:電脳神の聖地、最後に残された希望、悠久の回廊
制限・禁止解除カード:
・幽鬼の谷(I-2 No.034)
・陽気な幽霊屋敷(II-2 No.035)
・シャドー・ソウル(I-2 No.036)
・ニトロ・カタパルト(II-2 No.019)
・精霊の迷い家(III-1 No.140)
・セーブポイント(III-4 No.039)
・骨肉加工場(IV-1 No.071)
・枯れ果てた大樹(IV-1 No.192)



Q.継ぎはぎの一夜城などのベースはデッキにいれることはできますか?
A.はい。
デッキに入れることのできるカードは元々の種別がベースかストラテジーのカードになります。


てなわけで、特殊レギュ第1弾はユニットを醍醐味とするディメンションゼロからユニットを奪い去ったらどうなるか!?
変形ユニットで戦えるのか?スマッシュを追加する効果で7点入るのか?

遊んでみてからのお楽しみということで。


もしよかったら友達と遊んでみた方はコメントから感想をもらえる筆者のモチベーションが1あがります。

では次回更新を来週辺りに考えつつ、さようなら。
posted by ツイスラ at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。