2006年12月30日

ディメンションゼロ−FNZ12月

とりあえず、逃げ切り〜

というか、今日は人が少なかったです。
新年を迎えて活気が戻ってくれると嬉しいんですけどね。

記事の内容が薄いのでついでに告知

G-PROJECT折尾店
1月4日(木)14:00〜16:00
ディメンション・ゼロ スマッシュキング

開催時間内(2時間)の間に、制限時間10分のバトルを逆ガンスリンガー形式で繰り返し行います(負けた人が席に残り、勝者は一旦席を離れる)
すべての対戦の中で「1ゲーム中に一番スマッシュ多く与えたプレイヤー」がキングとなります。
あくまでも「スマッシュ」を与える事が条件ですので、「スマッシュゾーンに置く」などの効果は無効ですので、構築の際はご注意ください。
また、デッキは何種類使用しても構いません(ゲームごとに変更可)
賞品もご用意いたしますので、奮ってご参加ください。

このイベントに関しては、7点以上のスマッシュを与えられても敗北にはなりません。
10分以内に1点でも多くのスマッシュを与えた方が勝者です。
posted by ツイスラ at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

ディメンションゼロ−われ陸

ついに本戦「JINGI」のスタート
代理人に選ばれし者は「中村夫人」

しかし対戦が始まると手札に見えるは、青!青!!青!!!

流れる数ターン………

危急に立たされた中村夫人がYUIGONの使用を宣言する。

-----YUIGON---中村夫人-----
●相手がフルエネリリース状態で優先権放棄!
「こんなことでYUIGON見ているようじゃ『まだまだだね』」

出た!テニス協会公認の某テニス漫画名台詞!『まだまだだね』
しかし、「ぴき…。訪れるCHIGIRIの不協和音。」


一向に手に入らない緑という名のエネルギー
しかし手にしたのは「老衰遺伝子」これはチャンスと思いきやチームからのYUIGONが颯爽と参上

-----YUIGON---中村夫人-----
●「老衰遺伝子」がプランゾーンに現れた。または手札にきた。
それはエネルギーに置いちゃいけねーな、いけねーよ

な、なんということだ!流石はテニス協会公認某テニス漫画の桃○!
ドーンって言ってますよドーンって!

しかし、いや、やはりと言うべきか代理人からは「ぴき……。ぴきぴき……。迷う中村夫人。ぽろぽろとほころんでいくCHIGIRIの糸。」


そして、終盤に差し掛かり攻めてくる『バタフライマスター』達
これ以上の進軍は命取りになると中村夫人は手札に握っていた『スパイク・ガールズ』にちらりと目をやる。
手札の『スパイク・ガールズ』をプレイして迎撃を………しかし、無情なことに相手のエネルギーゾーンには同色3を含む8エネルギーが残っていた!
ここでまたしても割り込むようにYUIGONが開かれる

-----YUIGON---中村夫人-----
●相手に同色3を含む8エネルギー以上残っている
この場合、8コスト以上のユニットを手札に持っている確率84%以上、
不用意にエネルギーを倒した場合のプレイする確率99%!
ここは動かない方が賢明だろう

今度はテニス協会公認某テニス漫画の青汁ならぬ○汁を差し出さんと計算が弾き出された!
だが、そんなやつに耳を傾けずに己が道へ走った中村夫人
そこに待ち構えていたのは「YOUMANOYUUSYA」

まってくれ、せめてせめてそこは王子………様であって欲しかった(マテ


いやー見事な噛み合わせっぷり、まるで全て計算されていたようですね!

さて、気まぐれな風はここで止んでしまうのか、次回YOMIGAERIをお楽しみに
posted by ツイスラ at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

ディメンションゼロ−サークル対抗戦第3幕

まだかまだかと待ち構えていた当サークルの対戦
ついに!最後の最後にやっときた!

代理人となったのはプリンス斉藤
第1幕にて既に対戦済みのカードであり、プリンス斉藤が勝ちを飾っていたことからも期待が膨れあがる。

◆KOUSOU 第10試合
スパイク・ボーイズ 「鮫ドロー」 代理人 メルマガ 中の人

Capricious players 「無我の境地」 代理人 プリンス斉藤

序盤の動きは優勢だったもよう、しかし、どうやらギガンティックスカルドラゴンを引く事ができていなかったようだ。
そして、最後にはデッキの要でもあるカードが、敵のカードの群へと牙をむくも捕らえる事ができずにマーダラーマンティスの奇襲。

後少し、早くギガンティックスカルドラゴンが光臨していれば………勝負はわからなかったかもしれない。

勝負が終わった
予選での敗退、ここで終わった、そう思い画面をスクロールさせたその時
天から降りてきた「KUMONOITO」それを掴み蘇ったcapricious players「無我の境地」

デッキは既に未来を掴んでいる、そしてこれからも掴み続ける!

ということで、運良く敗者復活を果たし、「JINGI」へと駒を進めました。
posted by ツイスラ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ディメンションゼロ−クリスマス

みなさんめりーくりすます

年末と言う事で、大掃除もといカード整理をしているツイスラです。

えーっとですね、とりあえずD-0のカード整理をしているのですが、これが終わらないの何の
とりあえず、
色>種別>シリーズ>指定コスト>パワー>カードNo
こんな感じで並べて、必要枚数を確認して行っているのですが、何故か1時間以上かかって1色がやっと終わると言った感じ

そして、残りの色が2色
あれれー?まだまだ時間がかかりそうだよー?


おかしいな、2,3日前から始めてたはずだけど………
とはいえ、カードの束の見える枚数が減ってきたから少しホッとしてます。
はい。ちなみにPCの前に見えないカードの束があります。
『現実』というテロップが付けられたカードの束が!

私は知らない!そんなカードの束知らない!
だから、ちょっと!ちょっとだけまってておくれ〜


あ、そうそう、カード整理に便乗させて、カードキングダムラジオ消化中です。
なんだかんだで聞いてないんですよね。
せっかくなんで、追いついたら何かメールでも送ってみようかな?

ということで、今日はファイヤーボールのGP4予選最終週に行ってきます。
とか言った日は寝坊しちゃうんですか?
そんなことがないよう気をつけます。目覚めろ俺!
posted by ツイスラ at 02:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

ディメンションゼロ−GP4統計

一部しかやってませんが使用率とか纏めてみました。

色別使用率ランキング
1.緑【56.6%】
2.黒【42.8%】
3.青【38.3%】
4.赤【29.6%】
5.白【24.3%】

混色としても使われているので合計数値は100%越えますよ。
と、あれ?とか自分が思ってしまったので付け加えときます。

混色使用率
1.黒緑【18.1%】
2.緑単【12.5%】
3.赤緑【 9.0%】
4.青単【 6.9%】
4.白緑【 6.9%】
6.黒単【 5.6%】
6.黒青【 5.6%】
6.赤黒青白【 5.6%】
9.赤青【 4.2%】
9.青白【 4.2%】

他...赤単、赤黒、赤白、赤黒青、赤黒白、赤青白、赤青緑、黒青白、黒青緑

でした。
今回調べたのは色だけです。
できればデッキタイプとかも調べたいのですが、
流石に今から中身見て行ったら死ねそう。

精神的余裕ができたら挑戦します。
posted by ツイスラ at 09:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ディメンションゼロ−すいません

KKCに行こうとしていたにも関わらず、寝坊とかいう失態をやらかしてしまいました。

ごめんなさいorz
posted by ツイスラ at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ディメンションゼロ−サークル対抗戦

すいません、月曜火曜と公式確認できてませんでしたorz

火曜の更新では代理人の豪華面々が発表され同時に役に立つのか立たないのかステータスが公開されています。

一応転載なので以下続きを読む
posted by ツイスラ at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

ディメンションゼロ−FNZ

お久しぶりです。

遅くなりましたが昨日のFNZの報告
現在、ポイントランキングの開催が行われており、ランキング用の対戦を4回程行ってきました。

成績2勝2敗
獲得合計ポイントは+0.5(汗

使用デッキ
ユニット×28
3【青1無0】粉雪の魔氷パウダースノウ
2【青1無1】細波の入江の魔女
2【青1無1】家電商人スパローピノ
3【青1無1】サンダーリザード
3【青2無0】衣服商人スワローポール
3【青1無2】サンダージャッカル
2【青1無4】真空の魔氷バキューム
1【青1無4】チェリーロイヤル
3【青1無5】金砂の魔女
1【青1無6】真珠貝の褥の魔女
2【青1無6】絶望の都の魔女
3【青3無5】ギガント・エイリアン
ベース×2
2【青1無2】セキュリティサービス
ストラテジー×10
3【青1無0】バードマン・ソウル
3【青1無1】サイバーチェイス
2【青2無1】益々繁盛
2【青2無3】差し押さえ

まだまだうまく使えていない感じ
ゲーム序盤は、ポールやピノをプランから展開したいところ
ポールにセキュリティを使えるならすぐに使用しエネルギー送り
場にいても、スマッシュ要員としては物足りなさを感じますしね。。

ゲーム中盤は金砂から褥、絶望の都を展開したいところ。
もちろん除去のことも考慮し、セキュリティを待ち構えるかたちで。

ゲーム終盤はセキュリティエイリアンで除去を繰り返し、相手のエネが倒れたときに、展開、そして一気に攻めようという感じです。

まだまだ使い慣れない感じだけど、使って行きたいデッキの一つなので青好きなてっぺーくんに相談しようかな。
posted by ツイスラ at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ディメンションゼロ−ブードラ

GP4予選終了後6人でドラフト開催

パックはセカンド5パック
デッキは黒緑タッチ赤青

成績は
×○○×○
こんな感じで3位でした。

賞品にサイバーチェイスが手に入ったのでまずまずですかね?
敗因はなんといっても、一枚だけ入れた青ですよねorz

次からはそんなことはやめておこう(´・ω・`)
posted by ツイスラ at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

ディメンションゼロ−フライデーナイトゼロ

今日はG−Projectにて初のフライデーナイトディメンションゼロ(通称:フライデーナイトゼロ、略称FNZ)が開催されました。

人の流れ的には、6時頃から人が増えだし、大体十人前後がいる中でFNZが行われました。
少し遅くなりましたが22時からはミニトーナメント(一本制、トーナメント方式)が開催されました。
参加者は10名
ちょうど、半数がプロと言うことだったので、一戦目はプロ対アマという形で一回戦がスタート

続きを読む
posted by ツイスラ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

ディメンションゼロ−フライデ〜

本日G−ProjectのHPより告知がありました「フライデーナイトディメンションゼロ」略称「フライデーナイトゼロ(以下FNZ」
関東や関西といった都市部でよく耳にする「ゼロ部」と似たようなものだと考えてもらってかまいません。
主にディメンションゼロの活性化や調整などを考えており、今後毎週金曜日に開催が行われていきます。

それでは、FNZについて少しポイントを紹介していきます。
・FNZ開催日は営業時間延長!
 今まで中々調整のできなかった社会人の方でも土日を前に対戦が行えます。

・ラインキングシステム導入
 ランキングにより、ただ対戦するだけではなく、上位を目指したり順位を維持したりとやる気を促進!

・本戦を意識したフォーマット
 次回GP5では全員がライバル、目指せ北九州優勝を掲げ今期から盛り上げ地域的レベル向上を目指していきましょう

・初心者の方も大歓迎
 せっかく対戦できる方が集まる機会、普段足を運べなくとも仕事帰りにちょっと寄ってみてはいかがですか?
 初心者講習会も随時受け付けております。

と、大体こんな感じになると思います。
ディメンションゼロをやっている方や興味のある方など、是非是非金曜日の夜はG−Project折尾店までお越しください。
posted by ツイスラ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ディメンションゼロ−GP4予選2

本日はファイヤーボール小倉店にて限定構築戦が開催されました。

参加者数14名
あまり試合内容覚えてないので成績だけ。

一回戦:勝:黒単:Judieさん

二回戦:負:赤黒:ぎこさん

三回戦:勝:赤緑:ルシ

四回戦:分:白緑:Iさん

五回戦:勝:青白:モグ

こちらでは無事権利獲得できました。

ついでにドラフトやることなったのでドラフト成績も

一回戦:負:アグ

二回戦:勝:マスターハンター

三回戦:勝:ぎこさん

ドラフトでは隊列]決めれたので満足です。
エネルギーを置くときの音が、パチパチとかではなく“ドン”軽く吹きますた。

以下大会使用デッキレシピ

続きを読む
posted by ツイスラ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

ディメンションゼロ−GP4予選1

パック発売からあまり時間を待たずに開催スタートとなるGP4予選が本日よりスタートです。
北九州ではG−Project高須店にて大会が行われるので参加してきました。

構築戦 参加者8名

一回戦:負:青単
2ターン目から呼び声ユニットを展開していたので良い感じかと思いきやパウダースノーを使われることでユニットが食い荒らされる。
失恋の痛みから銀行を守る獅子を落としたものの、7ターン目に金砂の魔女から銀行が降ってくる。
使っているデッキの中で銀行を除去れるのはダンスパーティのみなのでプランで彫り続けるも引くことができず、対応できずに負けました。
もう少し、相手の札のことを考えて動いていたら、まだターンを稼げる場ではあったので、気をつけたいところです。


二回戦:勝:赤黒サラマンダー
序盤から呼び声ユニットを出したりポールを出したりできていたものの、
隙をつき、大砲蜘蛛がこちらの自軍エリアまで押し込んでくる。
その時、敵軍エリアの両サイドにユニットが………
ということは、もちろんトライアングルである。
幸い、降ってきたのは豪腕丸
大砲蜘蛛はバットガールで踏み潰し、受けるスマッシュをなんとか軽減
返しのターンでマグパイレイズを引き、隊列には隊列を、ポールとピノが前進し隊列返し
そこからは完全に押し返せたことでなんとか勝てました。

トライアングルのことすっかり忘れてましたよ(汗

三回戦:勝:4色プラン?
ゲーム開始からすぐに3色目4色目が見えたのでデッキを把握、したつもりが
隊列ユニットがゴロゴロ見え始めてくる。
おそらく、墓地効果ユニットを展開後隊列を決めようとしていたと思われますが、除去を中心としていることから中々動くまでには時間がかかってしまうのが4色、デッキ的にはプランちょっと難しいような。。
とういことで、前半は4色除去に邪魔をされていたものの、後半には除去されない範囲に入ってから、ユニットを展開し、とりあえず隊列を決める。
その後、手札にユニットを構え後続を待機、
なんとか、墓地効果に回られることも無く、勝てました。

四回戦:分:白緑ビートダウン
対戦相手は身内のアグ、対戦して勝ったとしてもオポーネント的には自分は優勝できないので、この後の大会での権利奪い合いが発生することを敬遠してIDを希望
ということで、ID
とりあえず、対戦したけど、やっぱりアグの勝ちでした。
序盤の展開量とパワーの高さからつぶせないユニットが多すぎるから相性的にどうにも。

最終結果は3位
アグが優勝で権利獲得
以下デッキレシピなど

続きを読む
posted by ツイスラ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ディメンションゼロ−イエサブ

佐賀のてっぺーくんと、熊本のねぎくんがイエサブに行くと言うことでお呼ばれされていきました。

ということで公認大会レポ

参加人数:14人
優勝者:I原さん

一回戦:勝
対戦相手:アグ:
デッキ:赤緑フェアリー
気がつけば、遅刻で参加できないと思いきやギリギリ現れ滑り込み参加
デッキは全く触れてないことで4弾までのカードを使った赤緑フェアリー
ゲームを始めて3ターン目、クレーターが振ってくる強回り
厳しいと思いつつも、呼び声ユニットを展開し、1ターン遅れの5ターン目に隊列ストレート成功
とりあえず、バルカンを踏み、スマを入れ、相手は対応ができずに勝ち。

二回戦:負
対戦相手:ねぎ!?
デッキ:赤単限定構築
序盤は展開されたユニットを鋼糸の乙女で踏み荒らし、1:3交換を繰り返す。
中盤に入り、惜別のジェミニと呼び声が一歩前に歩いて隊列召喚ストレートを決められる。
返しのターンで惜別を踏み、プランからサウンドマスターをペケレチェプに当て、なんとか状態を立て直す。

その後ユニットの展開を決め、完全に場が固まり勝ったかと思いきやプランからケルベロスが見えてしまった
やばい、今まで出てこなかったことでケルベロスを出したい衝動に駆られる俺
思わず「ケルベロスをプレイします」と言ってしまう。
とりあえず、大きなユニットは出てこないだろうし、パワー5000以下なら対応できるからいいかなとか思っていたら「では決意のジェミニプレイします」( ロ) ゚ ゚
本当にありがとうございました。


三回戦:勝
対戦相手:Mさん
デッキ:黒青ホムンクルス
蠢く死者やクラーケンクラッシュなど、普段は見かけない個性的なカードを使ったデッキを使用
その2枚から出してくるカードは「螺旋童子」と「溺愛の魔煙ラバー」
螺旋童子はユニットを回収したり、ホムンクルスをフリーズすることでスマッシャーになったりします。
「溺愛の魔煙ラバー」は墓地に落ちた、クラーケンクラッシュや蠢く死者の回収を行うリカバリーユニット
2体のユニットのプレイコストであるデメリットを補いかつ、アドバンテージは取り戻すよう能力もありますので中々期待の持てるデッキ
試合では早々に隊列召喚を決めたりフェンリルが飛び出したりとしたので勝てましたが興味のあるデッキの一つとしては是非窮めて欲しいところです。

四回戦:負
対戦相手:Tさん
デッキ:黒青除去コントロール
既存のデッキに新カードを参入させた形のデッキ
ただ、相手の周りの悪さから序盤は押せ押せでいけたものの、後半に欲望の連鎖などから手札を入れ替えていき対応され尽きました。
やっぱり白門があれば少しは違ったのかとか、考えてみるものの手札を見たり、ビートに持っていけない形のままだとなんともと言った感じです。
この辺は越えられないといかんですよね。

五回戦:勝
対戦相手:Aさん
デッキ:赤青海老
初手から呼び声と隊列が揃っていたので順調に展開
赤が入っていたのでドラゴンブレスが怖かったものの飛んでくることも無く、4ターン目に隊列成功
その後もユニットの展開が続き、勢い止まらず勝ちました。
しかし、今回は周りのよさも噛み合って勢いが凄く僅か数ターンでユニットが5〜6体並んでました。


ということで成績は3勝2敗
なんでケルベロスなんてデッキに入れたんだorz

以下大会参加デッキ
続きを読む
posted by ツイスラ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

ディメンションゼロ−セカンドセンチュリー

祝セカンドセンチュリー発売

遅くなりました、結構なパック数を購入し浮かれながら遊んでいたツイスラ参上
現在のカード収集率はパックの購入数からいってかなり良いと思います。
ただし「フェンリル」出てませんけどね!

けど、その代わりに金ジェミニ2枚引きました
+1枚ドラフトで持ってかれましたorz

最初はゲームバランスが壊れるだのなんだの言われてましたが、結局のところ、いつも通り、受け入られる内容なんですよね。
さて、そろそろコモン整理をしなければならないのですが、一つだけ報告を。。。


サークルメンバーのsakuくんがBOX開封時にのみ手に入る、2代目イメージキャラクター長澤奈央さんのおまけ(?)が捨てられる様を見てあまりにも可哀想だと回収することを決意されました。
物が物なので「あげても良いよ」という方は、小まめに回収してください。
間違ってもゴミ箱やゴミ袋なんて場所に放らず、保管してください。
グランプリや調整会など何かの機会の際に彼に渡してあげてください。
以上sakuくんからのお願いでした。
posted by ツイスラ at 17:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

ディメンションゼロ−プレイ

最近、記事の掲載頻度が非常に下がっているツイスラです。
そこで連載企画などを考え掲載していこうと模索しているところで、その第1弾として、初心者から中級者へ!
ルールから学ぶプレイング向上テクニック&豆知識を紹介していこうかと思います。
(※あくまで初心者へ向けた中級者へのステップアップを支援する記事なので、熟知している方などは「当たり前や」若干省かれたテキストはスルーしてください。)

ということで、こんかいのタイトルは「プレイ」になります。

カードの効果などでよく目にする「プレイ」
例1「このカードがプレイされスクエアに置かれたとき」
例2「このカードがプランゾーンからプレイされたとき」
などなど、こういった「プレイ」とは何を指すのかを紹介いたします。

まず、どうした状態が「プレイ」されたことになるのか?

プレイ:カードに記された使用コスト(カード左上)を支払い使用を宣言すること

ちなみにこの使用コストですが「冥界の門」などの「]」で支払われているユニットの使用コストは、ユニットをプレイしたことに含まれません。

これによって何が分かるか?
カードを触っているうちにもう、見かけているであろうカード
「幻影王ルドルフ」や「蠢く死者」
といったカードはもうご覧になられましたか?
(まだ見たことがなかったら公式HPよりカードリスト第2弾黒の大陸の中にあるので参照してみてください。)
それらのカードからユニットを場に出した場合も「プレイ」され場におかれたことにはならないので「速攻」の効果を得ることはできません。

それでは、最後によくある質問などに含まれそうなQ&Aをいくつか掲載いたします。

Q1.対戦相手が手札からカードをプレイしたので、それにスタックして失恋の痛みを使いました。
失恋の痛みの効果でそのカードを選びプレイを無効にすることはできますか?

A1.できません。
カードはプレイされた段階でスタック上にスペルとして存在し、手札にそのカードは無く、プレイを無効化することはできません。
また、失恋の痛み自身にカードのプレイを無効化する効果は含まれておりません。


Q2.対戦相手がプランゾーンからカードをプレイしたので、それにスタックしてバードマン・ソウルを使いました。
その時、プランゾーンがなくなると思うのですが、カードのプレイを無効にすることはできますか?

A2.できません。
カードはプレイされた段階でスタック上にスペルとして存在します。
その為、バードマンソウルを使った段階では既にカードはなく、プレイはスタックに乗った状態となっているので無効化されることはありません。


と言った感じで「プレイ」について紹介していきました。
初心者や中級者と言った方の中でルールや処理に関して分からないことなどありましたら質問受け付けております。
気軽にコメントから質問をどうぞ。
posted by ツイスラ at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

ディメンションゼロ−日本選手権報告

大会結果報告。

大変遅くなりましたね。

月曜日は東京、
火曜日は旅疲れからか1日ダウン、
水曜日は用事がてら外出

木・金曜日は模様替えなどなど

なんだかんだで時間が流れ今日に至ります

結果
3勝7敗

なかなかの惨敗っぷりから最終戦はドロップアウトしてきました
経験を重ねる上では参加した方が良いとは思いますが
4回戦の段階からカードを間違えてプレイするなどのミスの続出からまともにゲームができないと判断しドロップしました。

現在移動中なため対戦内容に関しては後ほどアップします
続きを読む
posted by ツイスラ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

雑記−オーガ

おひさしぶりです。
今、東京のオーガ池袋店にきてます

朝から動き続けていたので結構きてます(汗)

とりあえず、友人を待っているのでそのまままったりしておきます
posted by ツイスラ at 17:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

ディメンションゼロ−クラスCジャッジ

みなさんお久しぶりです。
先日話題にしておりました、ジャッジ試験
結果の方が昨日届きました。

結果は無事合格ということでした。


ということで、ちょっと問題を出してみようかと思います。


Q.あなたのプランゾーンに「フェアリー・ソウル」がある時、対戦相手が「ドラゴンの洞窟」の能力を使用し、あなたの「ウンバ・ウンバ」をリムーブしようとしました。
さて、ここで問題です。リムーブゾーンとエネルギーゾーン、どちらかにしか行くことのできない、その「ウンバ・ウンバ」は、いったいどうなるでしょうか?

回答(色を反転させてください)
A.そのユニットのコントローラーがリムーブするかエネルギーにするかの順番を選択できる。
理由.同時に二つ以上の置換効果が与えられている場合、両方を適用させるのは無理なため、以下のルールによって「そのユニットのコントローラが順番を選択できる。」ことになります。
-----
総合ルールVer.4.01
第4部デュエルの処理
15章置換効果
7.置換効果の相互作用
7−2.複数の置換効果がカードまたは影響を与えるひとつの置換イベントを置き換えようとする場合、まず、自己置換効果適応し、次に、影響を受けるカードの支配者または影響を受けるプレイヤーが、残りの置換効果を適用する順番を選択します。なお、先に適用した置換効果によって、後に適用する置換効果が適用できなくなる場合があります。
-----


ということでした。
正解できましたか?

一応、添えておきますが、公式回答ではなく、ルール記載による解釈になりますので、回答が間違っている場合は指摘をお願いいたします。

ちなみに、公式にて

閃光の魔炎ビーム(002)
大地の塔(187)
QA-602
私の《大地の塔》のライン上で私の支配するこのカードが墓地に置かれようとしました。このカードはゲームから取り除かれますか?エネルギーゾーンに置かれますか? (2006/05/26更新)
あなたが選べます。両方とも置換効果で、それぞれが相反することをしようとしたら、その置換効果の影響を受けるカードの支配者がどちらの置換効果を適用するか選べます。

という物がありましたが、「閃光の魔炎ビーム」の場合、自己置換効果に当てはまると思われるのですが、このカードの場合も通常の置換効果になるのでしょうか?
(カード自身が持っている置換効果のことを自己置換効果と思っていたり)

ちょっと、自己置換効果について理解が追いついていないなので、御偉いジャッジさんがもし見てましたら解答お願いします。

っと、こんなことじゃ先が思いやられるなorz
posted by ツイスラ at 14:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

ディメンションゼロ−プロID

帰宅すると、緑の封筒が!
知る人ぞ知る、ブロッコリーの緑封筒!!

ついにきたかプロID
さぁ、おでませプロID

………

あれ、全部紙………?

えーなになに

「プロプレイヤー登録案内」
「登録内容に不備がありました」

………

なんですとぉぉぉ!

そしてチェック項目を見た後に登録用紙を見てみると一箇所印鑑の押し忘れがあるではないですか………(汗)

ということで、後でこの封筒送ってきます。

もうミスないよ………な?(汗汗
posted by ツイスラ at 13:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。