2009年10月20日

【D0】インタビュー in GPTT大阪

ツアートライアル大阪にて優勝を勝ち取った石垣さんへ直撃インタビューを頂いてきました。
インタビューの内容は簡単なものですが、優勝者へ直接お答えいただいているので是非ご覧ください。

今回優勝の石垣さんは日本選手権2007では3位入賞を果たした強豪の一人です。

なお、文章中発言表記の際には敬称を略させていただいております。

■突撃!インタビュー!!〜ツアートライアル大阪編〜■
ツイスラ「優勝おめでとうございます。早速ですが優勝した感想をお願いします。」

石垣「一つのミスが命取りとなりゲームがすぐ終わってしまうので勝ち上がることが凄く大変でした。」

ツイスラ「《祭儀の踊り子リムセ》や《ゲリラ屋のフィールド》等でスマッシュが一度に5〜6点入ることもありますからね。
不用意にエネルギーを倒すことができませんね。」



ツイスラ「対戦していて苦しめられたデッキ、カードはありましたか?」

石垣「《七つの海の王子》ですね。使っていたデッキには除去が少ないので2体以上並ばれるとどうしようもないです。」

ツイスラ「やはりビート最大の敵は《七つの海の王子》ですね。
では逆に使っていて活躍したカードはなんでしたか?」

石垣「《妖精の社交場》と《神を討つ魔剣の勇者》です。
思っていたよりも《殺意》などの除去が少なく死ぬことがありませんでした。」

ツイスラ「なるほど、環境が低コスト展開に移行していることもあって大型を落とせる除去が減っているようですね。
それでは最後に日本選手権2009秋へ向けて本戦参加者へメッセージをお願いします。」

石垣「みんなで面白いギミック探しましょう!!」

インタビューを受けていただき誠にありがとうございました。
日本選手権での活躍期待しています。
posted by ツイスラ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

【D0】インタビューin GPTT博多

福岡は博多で開催されたツアートライアルにて優勝を勝ち取った沼田さんへ簡単なインタビューをしてきました。
インタビューの内容は簡単なものですが、直接お答えいただいているので是非ご覧ください。

今回優勝の沼田さんはツアートライアル札幌でも2位入賞の実力者です。

なお、文章中発言表記の際には敬称を略させていただいております。

■突撃!インタビュー!!〜ツアートライアル博多編〜■

ツイスラ「優勝おめでとうございます。」

沼田「ありがとうございます。」


ツイスラ「それではインタビューの方へ入ります。えー、まずは優勝した感想をお願いします。」
沼田「ツアー札幌では2位で悔しい思いをし、次のツアーでは頑張ろうと思っていましたが広島では惨敗!
これはまずいと自分なりのデッキを作り、今回見事優勝できました(笑)
今の気持ちを一言で言うなら『めっさうれしい!』」

ツイスラ「『めっさうれしい!』ですか!これは北島康介の『ちょうきもちいい』に通ずる名言ですね(笑)」



ツイスラ「それでは今日の対戦についての質問なのですが、使われたデッキやカードに苦しめられたものはありましたか?」
沼田「赤緑の早いデッキですね。とにかく早いデッキです。カードで言えば《美麗羊ビューティ・ラム》《変炎獣ゲル・トロール》《がん・ドリアード》こいつらがとにかく辛かった!
後は悠久使いに当ったことですかね、昨日のリベンジを果たせました。」
(前日の広島にて戦っていました。)

ツイスラ「リベンジ成功ですか!おめでとうございます。
そのリベンジを果たすことも出来たデッキですが、今回使用したデッキを選んだ理由は何かありますか?」
沼田「日本選手権2009春の神戸にて使用し、その改良を加えたので使いました。」

ツイスラ「なんと!日本選手権2009春で優勝も果たした悠久コンを会場で使っていた数少ないプレイヤーの一人でしたか!
これは悠久への自身が伺えますね。その悠久コンですが、対戦で活躍したカードや決め手となったカードは何かありますか?」
沼田「《エビ・ゴールド》と《監督官マイア》ですね。《エビ・ゴールド》は死ぬほど強かった!エビ無双という言葉を改めて知りました。
《監督官マイア》が決め手となった試合も何度もありました。」

ツイスラ「《監督官マイア》といえば《悪魔軍団長ヴァサーゴ》のように白のベースをフリーズしてリリースインするカードですね。
白のベースといえば《悠久の回廊》確かに相性は抜群にいいですね。」


ツイスラ「そろそろ最後の質問に入りたいと思います。
日本選手権2009秋が開催されますが、本戦参加者へ向けて何かメッセージをお願いします!」
沼田「悠久をなめるな!リムセがなんだ!」



ツイスラ「是非悠久での優勝楽しみにしております!この度はインタビューを受けていただき誠にありがとうございました。」


Special Thanks!!
でぃーぜろ考察
posted by ツイスラ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

【D0】インタビュー in GPTT広島

広島で開催されたツアートライアルにて優勝を勝ち取った和田さんへ簡単なインタビューをしてきました。
インタビューの内容は簡単なものですが、直接お答えいただいているので是非ご覧ください。

和田さんはグランプリ7ツアーにて全国行脚の末、幻のツアー8箇所目に参戦した知る人ぞ知る名プレイヤーです。


■突撃!インタビュー!!〜ツアートライアル広島編〜

優勝おめでとうございます。

ありがとうございます。


■それでは早速ですが、優勝した感想をお願いします。
通常構築戦での初の優勝でとても嬉しいです。
今までは限定構築など特殊な環境でしか優勝の経験がないんですよ(笑)。
今回、ヒーローポイントのパワーが溜まったのでもう少し貯めていきたいですね。


■さて、今回の大会ですが対戦していて苦戦したデッキやカードはありましたか?
そうですね、今回戦った試合の内3戦も青単と当ったのですが《七つの海の王子》がどうしようもありませんでした。
ウィニー系のデッキになるのでユニットを毎ターン処理されたら戦えませんね(苦笑)
王子次第で勝敗が決まっていました。


■なるほど、それでも3回も苦手なカードを相手に勝ち抜いたデッキですが選んだ理由ありましたら教えてください。
今回使ったデッキは、普段使っているデッキの中で最も勝率の高いデッキを選びました。

一番使い慣れた強いデッキ、本戦を勝ち抜くには大事なことですね。
■それでは最後に日本選手権2009秋参加する猛者たちに向けて何かメッセージをお願いします。
日本選手権では色々な方と対戦できることを楽しみにしています。


インタビューを受けていただき誠にありがとうございました。
是非翌日のツアートライアル九州でも優勝を果たし、再びインタビューできることを楽しみにしています。


Special Thanks!!
でぃーぜろ考察
posted by ツイスラ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

ディメンションゼロ−『 赤 王 』

日本選手権2009春に行われた赤王戦

挑戦したのは、なんと三代目赤王ぺぺ

防衛するは五代目赤王はっちょ

最強と謳われた二人の赤王の政権争いは熾烈を極めるものとなった。


決着のとき・・・戦場に立っていたのは三代目赤王ぺぺ


ぺぺは言った。

「一度地に臥した私に冠を頂く権利はない。」


赤王としてのプライドが再び王位に付くことを拒絶した。


・・・それから数年(実際には2ヶ月)

赤王のいない世界は闇へと誘われ、混沌とした世界へと変貌を遂げていった。


民は赤王の復活を求め、そして新赤王の誕生を願っていた。



続きを読む
posted by ツイスラ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

【デッキ】ディメンションゼロ−The紳士

打ち切りはいつもそこにある!みなさんこんにちはツイスラです。

イラストレーターカップと究極アルティメットグランプリが頭の中で格闘を始めて、何の更新をしようとしていたのか分からなくなってきたので連載打ち切っちゃいます。ました。

改めまして、こんにちはツイスラです。


今回の更新はデッキ紹介でもしてみようと思います。

採用カード的には前環境でも組めた気もしますが、《融解戦鬼灼熱王》や《悠久の回廊》なんかのデッキがあったので作らなかったんだと思います。

続きを読む
posted by ツイスラ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

ディメンションゼロ−イラストレーターカップ黒&青

先週に引き続きイラストレーターカップで使用可能なファースト・センチュリーのカードの中から使ってみたいカードなどをピックアップしました!

それでは今回は、黒の大陸と青の大陸から紹介いたします。

続きを読む
posted by ツイスラ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記−続・ご当地グルメ選手権2009

ところざわグルメ選手権2009

9月12日に改めて行って来ました。

でも既にほとんどの店舗は完売状態でした(´・ω・`)

全体的な客層は家族連れかお年寄り
商品購入にお金がかかるからか、若い人には受けが悪かったのかな?
食券販売形式で、どの店舗でも食券で商品と引き換えって形式だと学生なんかでも参加しやすくなるんじゃないかな?と考えてみるが実際どうなるかはわかんないよね。

ちなみに前記事に書いたイベント名云々2つ同時開催と言う意味だったんですね。ややこしい(・ω・`)



では食べたものの感想を書いていきます。


うずら屋
店舗住所:所沢市宮本町2-5-8
出展商品
うずらの湯で卵を串焼きにしたもの。
タレは「明太子」「大根おろし」「秘伝のタレ」の3種類
感想
食べたのは「秘伝のタレ」
味は甘めでおかず系とも間食系とも言いがたい味付け、卵自体は半熟仕上げで濃厚な味だったため
個人的には何もつけずに食べたほうが美味しい感じ。
そういえば店員も「何もつけなくても美味しいです。どうですか?」と頻りにススメていたような。。


たいやき本舗 藤家
店舗住所:所沢市けやき台2-17-14
出展商品
白い鯛焼き
味は「黒あん」「白あん」「チョコ」「カスタード」「抹茶」
(だったと思います。)
感想
普通の白い鯛焼き、味も特に特徴は無い感じ。
餡はこし餡でした。作り置きだったので時間が経っていることもあって、触感はイマイチ。
可も無く不可も無くといった感じでした。


三澤食品
店舗住所:
出展商品
すき焼きうどん
「すき焼き」と「焼きうどん」を合わせた食べ物
※すき焼きにうどんを入れている物ではない。
感想
味付けは濃い目なので好みは分かれると思うが、ガッツリいける
価格も他の店舗と比較しても安く、量は相応か、と言った感じ。
ただしチラシがなかったことが残念
(店舗ではなく麺類を取り扱う会社のようですね。)


三二六
店舗住所:所沢市東町10-3
出展商品
海鮮あんかけ焼きラーメン
感想
全体的に味が薄い。というか味が無いに近い。
調味料としてラー油が設置されていたが、ラー油云々ではない気が。
ラーメンの麺に直接味を加えたり、餡かけの味を濃いめに仕上げたバランスを取って欲しかったな。



はい、食べたのは4店舗でした。

一応投票結果まで確認してきましたが、生憎の悪天候となってしまいました。
優秀賞は2店舗
三澤食品
たいやき本舗 藤屋

グランプリ1店舗
まぼろし軒

以上3店舗おめでとうございます。



ところで票数などの発表はなし、他店舗への配慮?
それとも悪天候のためピッチをあげていたからかな?
posted by ツイスラ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

雑記−ご当地グルメ選手権2009

現在(9月12日12:00〜19:00)、所沢駅西口 プロペ通り いせき前広場にて開催されているイベント

所沢市内の飲食店11店舗が出展してのグルメ選手権

各店の料理を屋台での販売によって飲食し、一番おいしかったご飯に投票をするというイベント
最近有名なイベントで言えば「B級グルメグランプリ」に類似するイベント

イベント中にはAssy、ロードフレンズの2組によるライブイベントも開催されている。


会場の散策時間は20分程だが、会場での感想などを書き綴ってみます。

■企画
 所沢市を盛り上げていこうという試みのイベント
 企画自体は昨今の流行に乗せたイベントとしても注目されやすいと思われる

 しかしこのイベントの名称が統一されていないのか
 「ご当地グルメ選手権」
 「ところざわグルメ選手権」
 「WE LOVE "TOKOROZAWA" ACTION 2009」
 以上の3つの名称が出てきた。
 どうやら正式名称は3つ目の「WE LOVE "TOKOROZAWA" ACTION 2009」のようです。
 でも覚えやすさで言えば前者2つかと思われるので、どちらかをイベント名にしサブタイトルを「WE LOVE "TOKOROZAWA" ACTION 2009」にした方が良かったんじゃないかな、と思います。

■告知媒体
・所沢駅西口前液晶モニターでの告知
・いせき前広場での張り紙
・所沢市社団法人青年会議所HPでの告知
・当日プロペ通りでのビラ配り
 この辺りでしかイベントを知ることが出来なかった。
もう少し積極的なPR活動を行っても良かったんじゃないかな。

■会場
 いせき前にある空地を使った会場
 ・全体
 会場スペースに入らずとも全体が見渡せて、あまり興味がわかない地味な作り

 ・足場
 地面がコンクリートや芝生ではなく、泥が固まった状態だったので全体にブルーシートが敷かれていた。
 全体的に地面はでこぼこしており非常に歩き辛い。

 ・飲食スペース
 テーブルは30席〜40席ほど用意されていたが、それ以上の飲食スペースは無い
 席は他にないためライブは立見限定になると思われる。

 ・店舗の並び
 会場向かって右側に主食メインで並び、最後はロールケーキ
 会場向かって左側は投票スペースで始まり、間食系が並び最後は餡かけ焼きラーメン
 会場入口右側にあるのは「すき焼きうどん」角を占めており売り場スペースは他の店舗と比較して2倍近くになる。いいの?
 右側の列奥にはウォーターサーバーのプロモーションが行われていたので、投票の差が無いようそっちを持ってきた方が良かったのでは?と思います。

 ・呼び込み
 全て口頭での呼び込みだが、呼び込む人が少ないためか少し寂しい状態


■出展店舗
 各店の販売物の価格が微妙に安定していない様子
 一方ではどんぶり1杯300円に対してもう一方では小鉢1杯で300円
 これでは購買意欲が削がれても仕方ない。お祭りだから気にしないほうがいい?
 告知媒体として認識している店は投票用紙を渡す際にチラシやクーポンを一緒に渡していた。
 しかし、チラシを置いているのに全く渡そうとしない店舗やチラシを用意していない店舗もありせっかくの宣伝の場であるのにもったいない。
 またイベント主催側からは出展店舗数は告知されているものの、出展店舗や出店商品の案内が全くされていないので一部店舗の情報が良く分からない。残念。

■総括
 イベント全体的に見直せる点が多いと思われる
 町興しとしての企画は非常に良い。
 今後は会場スペースの作りや飲食スペースをもう少し考えてもらいたい。
 また出展店舗リストは必須、祭りの屋台とは違い出展者がハッキリとしているので運営側からも配慮は必要かと。

 全体的に悪い評価が多くなっているかと思われますが、改善できる点かと思われますので今後に生かして欲しいですね。
 今後も定期的な開催を心がけ、是非町おこしのイベントと肩を並べてほしい。


この後、もう一度会場に出向き店舗リサーチと食べていない物を夕飯代わりに食べてきます。


9月12日19時までは投票を受け付けているので近くの人は足を運んでみてはいかがですか?
posted by ツイスラ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

ディメンションゼロ−イラストレーターカップ

ネタは置いてあるものではない!生み出すものだ!!
名言っぽく言ってみました。ツイスラです。

前回までに引き続き特殊レギュレーションの紹介を考えていたのですが、イラストレーターカップが近いことを思い出したので唐突にアルティメット構築で使えるファースト・センチュリーのカードで使いたい、使ってみたいカードをリストアップしてみました。

今回はその中から赤の大陸のカードをご紹介!
まだイラストレーター選びに頭を抱えている人は参考までにカードを眺めて見てもいいかもしれません。
続きを読む
posted by ツイスラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

ディメンションゼロ−特殊レギュレーション3

なんだか2週間近く更新が空いたように見えますが、記事を一時保存した日付のようです。ツイスラです。(←挨拶)

今回もタイトル通り特殊レギュレーションの更新ですが、オフィシャルではイラストレーターカップが告知されましたね。

多分開催するので参加できそうな方はよろしくお願いします。

続きを読む
posted by ツイスラ at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 【D0】雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。